某湿地へ~

「もじょ」のたっての願いで日曜日に、某湿地に同行しました。
薄暗く足元がグチュグチュで携帯も圏外なので心細いと、ヘタレな事を申し『pm-3様、お願いですから憑いて逝って下さい』と泣きが入ったので、「光°殿」も誘って仕方なく・・・(・∀・)ニヤニヤ

はじめて行くところでしたが、マジで怖そうアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
車のすれ違えないような細い山道をひたすら奥へ奥へ・・・

少し広い場所が駐車場だそうです。
そこへ駐車して、徒歩で山道を・・・
木靄で薄暗く足下はグチュグチュで蜘蛛の巣やら蚊やら蛇やらのお出迎え~(;・∀・)
携帯は、既に圏外・・・(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!一人じゃ怖い。

沢づたいに、ひたすら山の中へ3人で分け入りました。
水蘚などが目に付くようになり、いよいよ湿地か?と思ったらなぜか分かれ道。
究極の選択か?(;・∀・)いや、何も考えずにかる~く左へ・・・

しばらくするとロープで囲われた湿地らしいところに出ました。
が・・・道から10m位向こうなので植物も昆虫も確認も出来ません。(ノ∀`)アチャー

気を取り直して別の場所を探しに・・・
現在地・・・入り口から○00m次の湿地へ○km
(;・∀・)ハッ?何か変? しかし何の疑いもなく先に進む。
急に上りがきつくなり完全に山中へ・・・
ヾ(・∀・;)オイオイ これは、どうしたことでしょう。

シダの仲間が、歓迎してくれているのか、あざ笑ってるのか。 
d0148060_1905428.jpg


ひたすら山の尾根づたいに歩いて頂上へ(´・∀・` )アラマァ

クマでも出てきそうな雰囲気です。
ある日 森の中 クマさんに(* ̄(エ) ̄*)ポッ 出あった♪
出た~~~~~!!!ヽ( ̄(エ) ̄)ノ イラッシャーイ♪
d0148060_1965879.jpg

↑某drcさんのアブさんの写真に対抗(謎爆)

ネタばかりでヾ(゚д゚;) スッ、スマソ

山頂から今度はひたすら下って下って、(;゚д゚)ァ....また水蘚が・・・
なにもない山の中を1時間は歩いたんじゃないかな?
(;゚д゚)ァ....お食事中のトンボだ。
d0148060_19121980.jpg


道の脇の地面には1cmあるかないかの小さなお花がひっそりと
d0148060_19135895.jpg


そして、とうとう湿地らしい場所が・・・
木道もあるし間違いない!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

うお~~~~~~~食虫植物!!!
モウセンゴケ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
d0148060_1917468.jpg


感動。・゚・(ノ∀`)・゚・。に打ち震えていると、背後から光°殿の上ずった声が・・・
「ハ、ハッチョウトンボじゃない?」
ハッチョウトンボ キタ━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━!!
隊長いや体長20mm(1円玉)ほどの小さなトンボです。
周りを見渡すとハッチョウトンボだらけでした。感動。・゚・(ノ∀`)・゚・。

d0148060_19241470.jpg



d0148060_19282285.jpg


トキソウなんかも咲いていて(遠すぎて撮れませんでした)今までの一時間以上の苦しい道のりのことなんか吹っ飛んじゃいました。(笑)
そして数m~数十mごとに連続してつづく小さな湿地を後にしました。

あれ?ここって、分かれ道。・・・(;゚Д゚)
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!連続する湿地は、最初の分かれ道を右に曲がれば、10分も歩かずに辿り着けたのです。_| ̄|○ il||li
この後、「もじょ」をボコったのは言うまでもありません。(爆)┐(´∀`)┌ヤレヤレ


誤字脱字あるやもしれませんが、久しぶりの長編、少々チカレました。(笑)
[PR]